好きな食べものを減らす考え方

毎日美味しい食べ物ばかりを食べていると、どうしても中性脂肪の数値は上昇傾向になってしまいます。自分で美味しいと感じる食べものは、ハンバーグやコロッケ、トンカツなどの脂っこい食べものの方が圧倒的に多く、どれも中性脂肪の値を上昇させる食品となります。
これらの食べものは好きなので、制限してしまうとストレスが溜まるため、食べる時には半分程度に減らして、その分を野菜入りのスープなどを加えてボリュームを維持するように心掛けているのです。